top page | とりこのすすめ@みんカラ






2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

ピックアップ

最近のエントリー

最近のコメント

最近のトラックバック

アーカイブ

Syndicate this site (XML)

Powered by
Movable Type 6.1.2

Today 5 th.
Yesterday 3 th.



Copyright info@Mackers & D.S,
All rights reserved.

お問い合わせはこちらから。

2017年10月 4日

mail.123.comのアカウントが勝手に登録される

非常に気味が悪いことに、macOS High Sierraをインストールしたら、「システム環境」→「インターネットアカウント」にmail.123.comが追加されました。

これはいったいなんなんだ…。

もうちょっと正確に状況を書くと、macOS Sierraに上書きインストールをしたのですが、インストール中に固まってしまって気持ちが悪いので、SSDをAPFSで初期化してクリーンインストールをしたのです。

その後Time Capsuleから必要なデータを復元して、再起動かなんかしてデスクトップが表示された瞬間に「mail.123.comが追加されました」的なダイアログが出て、アカウントが追加されました。

ナンヤコレ。

あわててダイアログとアカウントを消してしまったのでスクショを撮り忘れたのが残念ですが、なんかこれ、ウイルスにでも感染したんだろうか…。そんな迂闊なこと…。てかインストール直後なんですが…。

と思ってNorton AntiVirusで完全スキャンを実施しするも特に問題もなく、また事例を調べてみても、iCloudが乗っ取られたとかそういった情報は出てくるもののハッキリとしていないためモヤモヤしています。

一応、iCloudというか、Apple IDでの支払い履歴的なものは確認しましたがアヤシイ痕跡はなくとりまそのままにして様子みていますが…。

投稿者 D.S : 01:01 | コメント (0) | トラックバック (0)




2017年10月 2日

WindowsのBoot CampからmacOS High Sierraの起動ボリュームが見えない

Windows 10からmacOS High Sierraに切り替えようといつも通りBoot Campのアプリケーションから再起動を試みたところ、


「macOSの起動ボリュームが見つかりませんでした。」

とダイアログが表示されました。

むむむ。

どうやらmacOS Hight SierraからファイルシステムがAPFS(Apple File System)になったことによって、Windows側のBoot CampからmacOS High Sierraの起動ボリュームが見えないようですね。

ということで、Boot Campが対応するまでは下記のようにWindowsを普通に再起動して、再起動シーケンスでoptionボタンを押し続けて起動ボリュームを選ぶという運用をしないといけませんね。

How to switch between Windows and macOS in macOS High Sierra


If you use Boot Camp with macOS High Sierra, press and hold Option while restarting your Mac to choose an operating system.

macOS High Sierra upgrades solid-state drives to Apple File System (APFS). This system currently requires Startup Manager to switch between Windows and macOS. If you choose Restart in OS X from the Windows Boot Camp menu, this message appears: "Could not locate the OS X boot volume."
Follow these steps to boot into macOS or Windows:


  1. Restart your Mac, then immediately hold down the Option key.
  2. Release the Option key when you see the?Startup Manager?window.
  3. Select your macOS or Windows startup disk, then click the arrow or press Return.

投稿者 D.S : 23:29 | コメント (0) | トラックバック (0)




2017年10月 1日

豪快にクギが刺さる

先日JAFを呼んで左リアタイアのパンクを確認してもらい、とりあえずエアーを補充して様子を見ることにしたわけですが、残念なことに次の日に確認したところやはり抜けていました…。

本格的にパンクであろうことがわかりましたので、大変お手数だったのですがもう一度JAFを呼んでパンクの修理先に運んでもらうことにしました。

ちょうど車検の季節だったので、Central20さんへレッカーです。

…と思ったのですが、エアーを補充してすぐさま抜けるわけでもないので、Central20まで自走することにしました。JAFに後ろからついてきてもらって。

ちなみに先日紹介したJAFのアプリは、救援の予約もできるの大変便利です。


無事Central20まで着きまして、パンク修理と車検、あとエンジンオイルとブレーキフルードの交換を行うためにピットイン。

パンクについてはおそらく小手先の修理ではどうにもならず、残念ながらタイヤ交換になることが予想されましたので、Central20さんにコスト優先でオススメをチョイスしてもらうことにしました。

パンクしている今のタイヤは、BRIDGESTONE POTENZA RE-11 275/35R19なのですが、RE-11はもうとっくに販売が終了しており、BRIDGESTONEのハイグリップタイヤと言えば今はRE-71Rですが、やっぱちょっと高い。

もう最近はサーキット走行なんてものからも縁遠く、ドライでのハイグリップを追求する状況でもないので、逆にウェットでもある程度グリップするであろうPOTENZA Adrenalin RE003 275/35R19にしました。

他にも候補はありましたが、やっぱりBRIDGESTONEがいいかなと思いました。RE-71Rより劇的に安い、ってほどでもないんですけどまあいいか、ってな気分になりました。


ところでパンクしたタイヤの状況について写真を送ってもらいました。

なんてことだ。

そら抜けるわなぁ…。

投稿者 D.S : 16:36 | コメント (0) | トラックバック (0)