Appleのフォント
2001.09.11

Apple のウェブサイトで使用されているイメージのフォントって、なんだろって思ったこと、ありません?

前々から、例えば「Think different.」とかのロゴイメージを、自分で作りたいなぁとか思ってたんですが (トップページのがそれです)、なんのフォントを使ってるのか分からなくて、デフォルトでインストール されているフォントを全部表示させてみて調べたんですが、どれもやっぱ違うんですよね。

Apple で使ってるフォントと同じじゃ無くてもいいかなぁなんて、別のフォントで作ってみたりもしたんです が、なんか雰囲気違い過ぎ。「Think different.」なんか、メッセージそのものが伝わってこなくなるよう な感じですね。

で、ウェブで調べることにしました。個人のウェブでもそれらしいフォントを使っているところはよく見 かけるんで、たぶんすぐ分かるでしょうね。

Googleを中心に検索してみて色々分かったこ とがありました。まず、フォントの名前ですが、英字フォントは「AppleGaramond」と言います。この 「AppleGaramond」、実は曰く付き(?)のフォントのようで、 Apple はこのフォントを個人的に使用することを認めていないとかなんとか。 Apple のウェブサイトのどこかにその注意書きがあるのかは、調べるのがめんどくさかったので分かりません。し かも、現在では入手自体が不可能らしいです。昔は Apple のFTPサイトからフリーで入手できたようですが、今は無くなってしまっているようです。

昔は入手できて今は入手できないなんて、くやしぃ〜って感じですが、すごく見た目が似ているフォントが あるっていう情報も見っけました。名前は「Garamond Narrow」といって、これは今でも Apple のウェブサイトから入手できるので ここ へ行ってみて下さい。

ダウンロードが完了し、イメージファイルをマウントするとインストーラがあるんで、それをダブルクリックして インストールを開始するんですが、お目当てのフォントだけをインストールする場合は、インストール画面の左上 にあるプルダウンメニューをクリックして「カスタマイズ」を選択し、「Garamond Narrow」にだけチェックを入れ てインストールを開始すればオッケーです。

次は日本語のフォントです。日本の Apple のウェブサイトで使用されているフォントですね。これについては Mac OS X 発表時に美しさで話題になったフォ ントなんで知ってると思うんですが、「ヒラギノ」です。 Mac OS X をインストールすれば、デフォルトでインストールされます。

ところが、これは Mac OS X だけで有効な話で、このままでは Mac OS 9.1 やそれ以下のOSで使うことはできません。使えるようにするには、まず、 Adobe のウェブに行って、 ATM(Adobe Type Manager) Light 4.6.1 をダウンロードし、インストールします。それから、 Mac OS X のパーティションにある/system/Library/Fontsの中の、頭に「ヒラギノ」が付いているファイルを Mac OS 9.1 の「システムフォルダ」→「フォント」にコピーします。これで使えるようになります。

ATM(Adobe Type Manager) Light 4.6.1 をインストールすると、なんか「メモリが足りん!」的なダイアログが出るようになるんで、 ATM(Adobe Type Manager) Light 4.6.1 の設定で調整(出来れば)して下さい。

以上で Apple ライクなウェブサイトを作ることができます。

・・・だけど、やっぱ「AppleGaramond」が使いたい!ってことで、しつこく探してみました。すると、おお! ありましたよ。しかも別に怪しいところにあったわけではなくって、そう、無いとウワサの Apple のFTPサイトです。 ここ をクリックするとダウンロードが始まります。

あ、お決まりでなんですけど、使う時は個人の責任においてお願いしますねー。


info@Mackers