iPodを使って一週間
2001.11.27

11/17に iPod が届いてから一週間経ちました。毎日 iBook(Dual USB) と共にしんどい距離をせっせと通勤しているわけですが、だんだんと気になる 点がいくつか出てきました。ま、あくまで個人的な意見なのであまり 真に受けないでくださいね。

まず、 iPod 本体でイコライザの設定が出来ないところです。僕の好みとしては、 曲にもよりますが全般的に低音が強調されている方がいいんですが、 iPod は結構軽めに設定されているようで、もの足り無いです。 イコライザの設定でなくても、低音強調させることができればいいん ですが、音質に関する設定は何一つ出来ないため、残念です。

iPod が来る前までは、 maxellCROSSFORM を使っていたのですが、これには低音を強調させる設定ができました。 ただ、ビットレートがステレオ128kbps、サンプルレートが44.100kHzで なくては認識してくれないし、低音を強調させればさせるほど音が 割れてしまうといった問題があり、そこがかなり不満でした。 しかも、専用ソフトでなければメモリ(スマートメディア)に転送出来ない ところも不便です。

その点、 iPod は広範囲のビットレートサポートしてるし、もちろん iTunes との相性もバッチリで、FireWireケーブルで接続しただけで、 iPod にあるファイルとMacにあるファイルとの差分を算出し、その分転送して くれるんですから使い勝手は申し分ないです。それだけに、 本体で音質の調節ができれば良かったのに・・・と思ってしまうのです。

この点は、付属のイヤフォンをサードパーティのものに交換することで 幾分改善されるようです。ウェブをザっとみて、評価を得ているイヤフォン、 ヘッドフォンをあげておきますね。なお、レビュー内容については 「ヘッドホン紹介ページ」 さんや SQUILLA's Home Page さんを参照されると良いですね。

※値段は目安です。

この中で、僕が注目したのは SONYMDR-EX70SL です。 SONY 製品にはこれまで散々な目にあっているので、正直あまり好きなブランドでは ないんですが、低音が結構効いてるという理由と、イヤフォン タイプでしかも耳にピタっと張り付き、音が漏れない(にくい)といった点が 気に入りました。

音楽をイヤフォンやヘッドフォンで聴く時って、だいだい一人の時でしかも 外にいる場合が多いので、やっぱり音漏れは気になります。それにおそらく 僕の場合、人よりボリュームを上げて聴いている気がするので、なおのこと です。

また、価格もそれほど高いわけでは無いし、量販店などで手軽に入手することが できそうなので、仕事の帰りにでも購入しようかと思っています。

次にレジュームです。 iPod にはスリープ機能があって、例えば聴いている最中に一時停止し、そのまま スリープに入るとスリープ復帰後は一時停止させたところから聴き始める ことができるのですが、それを使わないでパワーオフしてしまった場合、次に パワーオンした時、直前まで聴いていた曲から聴き始めることができません。

スリープ機能は、例えばMacの場合、パワーオフの状態から起動するより、 スリープ状態から復帰させる方がすぐに使うことができるなどの 理由でスリープさせますが、 iPod はどっちでも同じくらいのスピードなので、バッテリを少しでも節約させるためには パワーオフした方がいいです。特に僕のように、出勤途中に聴いて、あとは帰 りにしか聴かないなんて場合はその方がいいでしょうし。

あとは傷ですね。デザインや材質上、とにかく傷がつきやすくしかも目立ち 易いです。ケースとか欲しいんですが、 iPod 専用のケースとして設計されたものじゃないと機動性が失われそうなんで、 今は裸で持ち歩いています。

今のところ気になるのはそのくらいですね。強いて言えば、 iTunes でマウントが解除されているにもかかわらず、そこでケーブルを抜いてしまうと iPod が壊れてしまう場合があるという話しです。僕は今のところ 大丈夫ですが、ケーブルを抜く時、いつもドキドキしながら抜いています。 まるでクジを引くような感覚で、あまりよくは無いですね・・・。


info@Mackers