iPodがやってきました
2001.11.18

11/17、当初の予定より一週間遅れて、ついに日本でも iPod の発売が開始されました。

僕は発表のあった10/24、日本の Apple Store が更新されるやいなや、ソッコーオーダーしてました。そのため、おそらく 発売日には必ず手元に届くだろうと思ってましたが、前日になっても Apple Store のご注文状況は「ご注文製品の確認中」になっており、こりゃ無理かなと半ば あきらめていました。

この Apple Store ご注文状況というのは、 Apple Store でオーダーした製品のステータスを4つで表します。「ご注文製品の確認中」、 「生産準備に入りました」、「出荷準備中です」、「出荷いたしました」。

前日で最初の段階である「ご注文製品の確認中」を出されてしまって いれば、当日入手は望み薄と感じてしまってもしょうがないでしょう。

同じ状況の人がいないかとウェブを探索してみたところ、やっぱり Apple Store でオーダーした人たちはみんな(たぶん)「ご注文製品の確認中」状態だった ようです。

一方で、 ソフマップヨドバシカメラ などの量販店でオーダーした人たちはショップから入荷の連絡があったようで、 ウキウキ状態でした。

こんなことならそっちの方でオーダーすれば良かった・・・。その方が ポイントバックもあってなにかといいのに・・・。と少しばかり後悔して ました。なにしろ本来の発売より一週間またされているんでね。

余談ですけど、一週間発売開始が延期された理由は公式には発表されていません。 けど、おそらく iTunese 2.0.0 for Mac OS X のインストーラのバグが原因でしょう。このバージョンは、インストールする 際に旧バージョンの iTunes を削除するシーケンスがあるのですが、それがバグってしまってて、ボリューム名 (パーティション名)にスペースが入っていると、ボリュームごと削除 されてしまうケースがあるという、もし マイクロソフト がそんなバグを出したら、いったいどうなってしまうんだろうと思わず余計なこと まで考えてしまうくらいの酷いものを抱えていたんです。

iPod には当初から iTunes がバンドルされて出荷する予定だったらしいので、バグありの iTunes からバグなしのものに入れ替える必要があったんでしょう。時期的に、 バグありバージョンがすでにバンドルされていた可能性がありますから。

で、話は元にもどって、結局のその日はそのまま眠りにつきました。 とりあえず、明日やっぱりこなかったらもう一度ウェブから情報を探って みようかと。

そして11/17、のそのそと昼頃起きだし、ボーッとしてたらチャイムがなり ました。その時一瞬にして iPod を思い出し、いそいで玄関に向かいました。応答を聞くと福山運送の 方で、ドアを開けると「 アップル からですよ。」と、なぜかうれしそうに小さな箱を手渡してくれました。

うーん、来ましたか。今日手に入れることはあきらめな感じだったので 嬉しかったです。

早速そのダンボール箱を開け、中からパッケージを取り出しました。 これはまた豪勢な作りです。デザインもすばらしく、 iPod 自身に比べるとそれに似つかわしく無い大きさですが、デジタルバブ構想の 第一段としての気合いみたいなものが感じられました。

さらに中を開けていくと、本体が顔を出しました。持ってみた感じは、 だいだい予想通りでしたが、若干それ以上に重く感じました。

防護フィルムを剥がし、いろいろを触っているうちにまず気がついたのが、 裏側に異様なくらい指紋がついてしまうことです。

iBook(Dual USB) も指紋が付くことが話題になりましたが、そんな比じゃないです。 拭いても拭いてもきりがなさそうなくらい付いてしまいます。それと、 同じく裏側にプリントされたアップルマークとiPodと書かれた文字列が、 ちょっとツメで引っ掻いたくらいですぐに取れてしまいそうなところです。 もちろん意図的にそんなことはしませんが、ツメでなくても何かにすれた だけども取れそうで、これまで使っていたポータブルプレイヤーのように、 ラフには使えなさそうです。それに中にはハードディスクがあるわけですしね。

いきなり悪いところをあげてしまいましたが、基本的にはすばらしいです。 まず、バックライトがメチャメチャ明るい。かなりびっくりしました。 アップル のノートブックの液晶は質が悪いとかバックライトが暗いとか言われてますが、 懐中電燈の代わりにもできるんじゃないの?というぐらい明るくて びっくりしました。

次に○ボタンの回りにあるスクロールホイールの操作感覚。これ、相当いいですよ。 Sony 製品にジョグダイヤルというのがよくついてますが、これより全然いいです。 比較対象として正しいのかは別としても、クルクル回して操作するという 観点からは、スクロールホイールの方が上と感じます。

その他にはファイルの転送スピードが速い点がいいです。やっぱりFireWire で転送できるというのはいいですね。ポータブルオーディオプレイヤーで音楽を 聴くのにネックだったのが、ファイルを転送する時間が長過ぎることでした。 これまで使っていたのはUSBだったので、長くて、たまにイライラすることさえ あったのですが、それが解消されたのは非常に大きいです。

まだまだいいところ悪いところたくさんありそうですが、これからつき合って いくうちにそれも分かってくるでしょうね。楽しみです。


info@Mackers